無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
Live & Bar CUB Vol.19 出演者紹介
0

    11/5 Sat. 【ラテン】

    千住ラティーヌス

    西田 幹(btb)・中野貴子(sax)・あびる竜太(pf)・大野 孝(ds)・石川 武(conga)・MINA(vo)・吉岡大典(b)

    (出演者決定時期の関係で、印刷物の一部に青木タイセイ(b)となっておりますが、出演は吉岡大典(b)となりました。よろしくお願いいたします。
    【追加のお知らせ】都合によりMINAは出演できなくなりました。ご了承くださいませ。)


     世界的に活躍する“熱帯JAZZ楽団”のベーストロンボーン奏者で足立区在住の西田 幹と北千住出身の人気サックス奏者中野貴子を中心に今回のイベントの為に特別編成されたラテンジャズバンド“千住ラティーヌス”。
     
     メンバー個々の経歴はここでは列挙しきれないほど強力なもの、特にキューバ人の父を持つボーカルのMINA(Mina Martinez)は本場ラテンの空気そのものをリアルに体現させてくれます。演奏するナンバーの幅広さも特別!あんな曲やこんな曲まで本格的なラテンジャズに様変わり!!一流ミュージシャン7人による迫力サウンドで、もう楽しめること必至、踊りだすこと大必至な熱〜い夜。
     
     通常耳にするジャズとは一味も二味も違う本格ラテンジャズの世界を思う存分お楽しみください!
      
    西田 幹
     
    中野貴子
     
    MINA
     
    石川 武
     
    あびる竜太
     
    吉岡大典
     
     
     

    11/6 Sun. 【ブルース】

    KOTEZ(hca,vo) & YANCY(pf,vo) (コテツ & ヤンシー)

     近年のジョニーウインターはじめ数多くの内外ミュージシャンとの共演、永井ホトケ隆、沼澤 尚、中條 卓とのバンド、blues.the-butcherや数多くのセッションワークなど、日本で一番忙しいブルースハーピストと言っても過言ではないコテツと、やはり数多くのセッションワークやアレンジメント、プロデュースなど、幅広い音楽性でルーツミュージックからポップスミュージック、果ては音響系までをもこなし、ビンテージ機材のスペシャリストとしても知られ、本来のシンガーソングライターとしても本当に素晴らしいアルバムを数々発表しているピアニストのヤンシーによるユニット、コテツ&ヤンシー。
     
     1999年、JAPAN BLUES CARNIVALに彗星のごとく登場、たった二人で満員の会場をわかせデビューし、ドクター・ジョン、バディ・ガイ、オーティス・ラッシュなど来日アーティストのオープニング・アクトを務め2枚のアルバムをリリース、9月には満を持してのニューアルバムも発売される、まさに絶好な時期のミュージックライン登場です!
     
     ルーツミュージックに根差したブルージーなナンバー、ハイトーンでソウルフルなヴォーカルとソフトでハートフルなヴォーカルの絶妙な対比、そして何より皆を虜にするそのエンターテイメント溢れるステージングは体験してみないと絶対わかりません!熱くて温かい、そんなライブの楽しさをぜひここ北千住Cubで!!
     
     
    ヤンシー http://yancy-piano.com/ 
     
     
    ズッキー
    | はしごライブ | はしごライブVol.19 | - | - |